田舎生活はつまらない

僕は田舎で暮らしています。それはそれは、たいへんな田舎なので、バスも通っていませんし、移動は自分でクルマを運転していくしかないです。

最寄りのコンビニまでは1時間くらいかかりますし、それっって全然便利じゃないので、毎週末にスーパーでまとめ買いするのは田舎生活の常識です。

夜に突然デザートが食べたくなったらコンビニに買いに行くなんて

よっぽどの理由でないと行動しません。だって往復2時間もかかるから。

そして、遊ぶ場所もとくにありません。かなり遠くにはラウンド1がありますが、そこまで行く気力がもうないです。せいぜいカラオケくらいが唯一の娯楽でしょうか?

もはや田舎中の田舎で生活するには自然と遊ぶか、自宅でパソコンやスマホをいじってネット社会とつながる以外方法がないですね。

だからこそ、都会にあこがれるのですが、実際どうなんでしょうか?お金が無いと暮らしていけないイメージがすごく強いです。家賃が10万円なんて、、、僕の給料の半分以上が吹っ飛んでしまう破壊力です。これに光熱費が加わったり食費がかかったりするともう給料以上の金額ですね。

都会に行ってはたらけばそれなりのお給料をもらえるのかもしれませんが、それはそれで自信がないです。

だから、僕はいまでもこれからも都会に憧れはするけど、行動しない田舎人のままなのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です